ユーザー車検 検査当日 受付からレーンに並ぶまで

では、ユーザー車検を受ける検査当日の流れです。まずは受付からレーンに並ぶまでを解説します。
出発前に、必ず予約番号を控えていきましょう
持ち物は、印鑑と、ホイールナットが見えないタイプのホイールが付いているならば、ホイールキャップやホイールのセンターキャップを外すためのマイナスドライバーも必携です。
その他、車検証自賠責保険証書(間も無く期限が切れる今までの分と、検査受けたあとのこれから2年間の分。こちらは陸運局でも購入できます)、自動車税の納税証明書が必要な場合もあります。これは、自動車税が払い込まれた後3週間以内の車検の場合、陸運局で納税がされているか確認が取れないからです。もちろん、滞納していたら車検は受けられませんよw

後はお金(現金)ですね。重量税、自賠責保険(陸運局で加入する場合)、車検手数料、不具合があった場合のテスター屋の費用等です。

各費用は、割とコロコロ変わりますので、公的機関で確認しておきましょう。

車検手数料は、普通車(3ナンバー)が1800円、小型車(5ナンバー)が1700円です。

現地では、まず書類を整える必要があります。これは陸運局によって行き先が違うと思いますが、なにわ陸運支局の場合は4番の建物に行きます。

自賠責保険がまだならここで買う→車検用紙を30円で買う→重量税を払う→車検料を払うまでを行います。

その後、2番の建物に移動し、

30円で買った書類に記入しますが、これは記載台にとてもわかりやすい書き方が貼ってありますのでご参照を。

書けたら受付に書類を渡しますが、この時に予約番号が必要になります。

ではいよいよレーンへ並びに行きましょう!

長くなってきましたので続きは別記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました